Code for Hakodateでは、函館における課題の解決や市民生活をより楽しくすること等を目的に、様々なプロジェクトが進行しています。

Pecily Project
Pecilyは、公共交通機関の時刻表・路線・運賃・運行情報をオープンデータ化し、スマートフォンアプリ等で利用しやすいデータ (RESTful な WebAPI) として提供していくことによって、人々の移動がより便利になるよう支援するプロジェクトです。
Share Map Project
SMAPとは、地図上でユーザーがコミュニケーションを取り合うSNSです。日常生活の中の発見や、体験をSMapでつぶやく(スマる)と、そのつぶやき(スマり)がつぶやいた場所とリンクしてSMapに表示されます。SMapのユーザーはお互いのスマりをSMapの上で確認することができます。
リーダー

倉茂雄人 公立はこだて未来大学 学部2年 情報デザインコース

実績
2017年 Code for Hakodate 主催の「FUNHACKS2017」にてIDOM Inc.と株式会社メルカリからの企業賞、Code for Hakodate賞を受賞
Ha4go
Code for Kanazawaが制作したHa4goの函館版を運用していくプロジェクトです。
リーダー

永井陽太 公立はこだて未来大学4年 高度ICTコース

実績
2017年2月 Ha4go(函館版)の運用開始
メンバー募集

Webアプリケーションの開発・運用に興味のある方やRuby on Rails を用いた開発に興味のある方を募集しています。(初心者でも大歓迎です!)

Unity勉強会
無料のゲームエンジン「Unity」を使い、一緒にゲーム作りを楽しみませんか? 「ゲーム作りに興味があるけど、どうやっていい分からない」「ゲーム作りに取り組みはじめてみたけど、挫折しそう」そんな方がいたら、ぜひご参加ください。Unityとプログラミング(C#)の基礎的な内容を勉強して、最終的には簡単なゲーム作りができるようになる内容にしようと思っています。 「他に作りたいゲームがある!」と言っていただければ、授業外の相談にものります。ただ、この勉強会を開いている私もUnityとプログラミングを勉強しながらやっているためすぐにいい答えは出せないかもしれません・・・。しかし、そういうときには一緒に考えて答えを見つけ出しましょう。 初心者に向けの勉強会ですが、中級者、上級者の方にはいいコミュニティの場にもなるのではないでしょうか? 函館という街で、同じ志を持つ人たちと一緒に勉強しましょう。
リーダー

平野晋平

プロジェクトに参加してみませんか?

私たちと一緒に「函館をちょっと良くする」活動をしてみませんか?ITの知識は無くても大丈夫です。まずは興味のあるプロジェクトの活動についてなど、お気軽にご質問ください! お問い合わせフォーム